2009/10/3 土曜日

まりちゃんの歯肉炎

Filed under: 歯肉炎,小毬, — eriko @ 3:23:14

まりちゃん、子猫のころからお口が臭くて、歯もちょっと変で、
猫エイズか猫白血病を疑っていたんですが、
里親さんからの譲渡前検査ではマイナス。
念のため、避妊手術時に受けた検査でもマイナス。

先生も「ま、様子見ようよ」という感じだったのですが、
でも、ぜーったいなんかある!と思い続けていました。

ずっと歯茎は赤いし、口臭もいわゆる「若い猫の口臭」とは違う臭さだし
何より門歯がスキッ歯になっている。よだれも猫にしては多いし…。

9月24日の夜、口の中を調べてみたら、歯茎は血が滴りそうな赤さ。
門歯がグラグラであっちこっち向いている状態。
25日の朝は缶詰を食べられなくなっていた。カリカリは食べた。
これはもう絶対ダメ!ということで病院へ。案の定。歯肉炎ですねー。

あああああああ。
「難治性」というお言葉が冠に付くアレですかぁぁぁ。

缶詰はダメでカリカリは食べたのは、
多分「汁気が沁みたんじゃないか」とのことでした。

とにかく可哀想すぎる口中なので、まずは痛みを抑えることが先決です。
というワケで、ステロイド注射を一発。
これでとりあえず当面はスッキリ。腫れも引き、口臭も減りました。
ご飯もいつもどおり沢山!食べられます。(ちょっと食べ過ぎ)

通常、臼歯周りに出来るらしい炎症がまりちゃんの場合は門歯。
(奥の方も赤くなっているけど一番ひどいのは前の方。)
小さい可愛い前歯がグラグラで歯茎が真っ赤で見ていられないほどです。
人一倍食いしん坊なのにご飯が食べられないなんて可哀想すぎる。

最近、小春が寄って行くと怒りっぽくなっていたのも、
小春がしつこいせいばかりでなくて、口が痛かったのもあるのかもしれない。

とりあえず一通り嘆いてみたので、後のことを考える。

ステロイド注射は2週間毎〜くらいのスパンになるでしょう、と
言われたけれど、まりちゃんはこの10月末でまだ2歳。
これから先、ずーっと数週間おきにステロイド注射ってのはどうなのか。

低容量の経口ステロイド剤や抗生剤を常用する方法もあるらしいけど、
できるなら、薬の量は抑えたい。
いざというとき、ちゃんと注射が効く状態をキープしたいし…。

まずは最近さぼっていた「アクアデント」を獣医さんで購入。

それからネットで歯肉口内炎と戦う猫の飼い主さんのサイトを巡って、
クマザサエキスの「サンクロン」というのを購入してみた。

それと、以前見つけて買ってあった乳酸菌系サプリの
「ベネバックパウダー」というのも使ってみる。

どれだけ効果があるかは正直、半信半疑だけど、
少しでも効いたらラッキーくらいの気持ちで色々試してみるしかないですね。

サプリだのハーブだの自然だの、そーいう言葉に括られていてもソレなりに
効果も害もあろうと思うので、薬と併用しながら、
どうにか症状を抑え続けられればと。

猫の歯肉炎/歯周病と言っても色々あるらしいので、
これも詳しく調べたり場合によってはセカンド・オピニオンを
求めたりもしていかなければならないかも…。

何か情報をお持ちの方いらしたら、情報提供よろしくお願いいたしますです。

2009/9/25 金曜日

まりちゃんボール

Filed under: — eriko @ 23:14:57

まりちゃんはポフポフした毛質です。
もこもこもわもわ、中身も大きいけど更に毛も多い。

抜け毛がうるさすぎ!
そして小春がまりちゃんをしつこく毛繕いしては「げー」するので、
ネットで発見した『ファーミネーター』とゆーすげー名前の
スリッカーを使っています。

確かによく取れる。
そしてコレで取れた毛をクルクル丸めると、フェルト状の玉になります。

この玉が非常にウケがいいです。目の色を変えて遊びまくり。
名付けて『まりちゃんボール』。

まりちゃんボール

まりちゃんボール

コーミング自体は最初からそれほど嫌がらなかったまりちゃんですが
「ファーミネーターするとボールを作ってもらえる!」と学習した今、
ファーミネーターを見せると喜んで寄って来ます。

「毛が飛ぶからお風呂場でやろー」と誘うといそいそ付いて来るまでに。

最初は小春も一緒に遊びたかったようですが、
まりちゃんのあまりの盛り上がりっぷりに小春にしては珍しく腰が引けて、
まりちゃん専用となっております。

それに、どうも本猫の毛で出来た玉の方が盛り上がるらしく、
小春ちゃんはまりちゃんボールにそれほど執着していない様子。

小春ボールも作ってやりたいんだけど、
抜け毛がまりちゃんの1割もない上にちょっと梳かしてやると
すぐにじゃれまくりモードになってまともにコーミングができないので
多分、出来ないと思われます。

2008/12/28 日曜日

みちみち。

Filed under: — eriko @ 18:52:19

みちみちなんですよ。

猫ベッド

猫ベッド

2008/12/1 月曜日

画像投稿テスト

Filed under: — eriko @ 23:37:18
みっしり。

みっしり。

画像投稿テストです。画像を左に寄せるパターン。
文章が短いと下のトラックバックURLの文字が回り込んできますね。
クリアスタイルを入れる方がヨサゲ。

2008/2/12 火曜日

ちゃくちゃくとおおきくなる。

Filed under: — eriko @ 3:14:27

猫のお嬢さん達。
明日はもう2回目のワクチンですよ。

2007/12/23 日曜日

新しい猫である。

Filed under: — eriko @ 23:39:04

新しい猫である。
めちゃ三毛である。

2007/11/12 月曜日

ねこねこねこ…いぬ?

Filed under: — eriko @ 4:39:13

お嬢さん達がいなくなって、猫loss状態Max。

里親サイトを彷徨するも、どこかでお嬢さん達と比べてしまう自分がいるのです。

が、そろそろモコモコフワフワしたなにか、がいないと萎れて枯れてしまいそうだ。

2007/1/19 金曜日

痙攣発作・その後

Filed under: ,,慢性腎不全,木村 — eriko @ 22:26:46

したい感覚がわからないのか、本当に出ないのか、なかなかおしっこが出ないので
13日の通院で経口の利尿剤をもらう。

出にくい間はトイレに何度も連れて行っては座らせる、を繰り返していたが、
19日の今日はだいぶ良い調子。自分でトイレに行き、大きいうんちも出た。
ここ1週間でうんちは4回。うち2回は便秘解消初日、一日の間に。

概ね2日に一回の計算。おしっこは大体3回/a day。
どっちも頻度がもう少しアップしてほしいところではある。

食欲も戻ってきた。
というよりも、11日頃から普段よりよく食べる。
一回分の食事量である缶詰小サイズ半個を一気食い。普段はちびちび食べなのに。
今は食べたいだけ食べさせてやろうと欲しがるだけやっていたら、
数日前には缶詰小を2個食べた。普段の2日分である。

ここ2、3日はおかかを催促する元気も出てきた。
…が、おかかはやっぱり怖いのでひとつまみくらいしかやらない。

13日の注射・皮下輸液以来通院なし。
階段を通らせるのが怖くて寝室入り口に築いていたバリケードも撤去して2日経過。
まだふらついたり、転びそうになったりでヒヤヒヤだがなんとか一人歩きできている。

という感じで鯨錠は奇跡の復活を遂げている。
木村のほうが食欲不振・元気減退・便秘と心配ごとが多いくらい。
とりあえず明日は2匹揃って通院、姐さんも注射の予定。

2007/1/10 水曜日

痙攣発作

Filed under: ,,慢性腎不全 — eriko @ 22:00:58

1月7日日曜日21時過ぎ、鯨が突然の痙攣発作。

ご飯を食べて、トイレに行って、お風呂場でお水を飲んだ帰りの廊下で突然倒れてしまった。
四肢を突っ張って激しく痙攣する鯨を前にこれ以上ないほど取り乱してしまった。
ご飯を食べたとき、声をかけても反応が悪く、右の瞳孔が左より少し小さいように見えたのは前兆か。
そういえば、数日前にも足腰がふらついて右にパタンと倒れてしまうことがあった。

折悪しくダンナも弟も新年会で留守。
ダンナの携帯に連絡するがなかなか出ない。
何度目かでやっと繋がったのですぐ帰って来てくれるように言う。

2階にいる親父にも携帯から助けを呼ぶが補聴器をつけていない親父は耳が遠くて話が通じない。
何度もかけて叫んでやっと降りて来てくれたので
かかりつけ医に貼ってある緊急時提携病院の情報を見てきてもらう。

徒歩5分の病院なのになかなか親父が戻らない。そうこうしているうちにダンナが帰宅。
激しい痙攣は治まったがフラフラとして息の荒い鯨、食べたものを全て吐く。
胃の中のものが無くなっても吐く。
吐いたものは濃い黄色。立ち上がれないのでうまく吐けずに前足に少しかかってしまう。

親父がやっと戻って来たと思ったら貼紙がわからないという。
焦っていたのでとんでもなく腹が立つがしかたない。

夫婦ともお酒を飲んでいたので、親父に運転してもらい、
かかりつけ医の貼り紙を確認して病院へ向かう。
場所は所沢。日本小動物医科学研究所 http://8699.jp/

やっとたどり着いたのは23時近く。鯨はぐったりとして虚ろ。
すぐに血液検査と静脈からの点滴の処置をしてもらう。
体温が34度台。CRE 4.3、BUN 63。

連れて帰りたかったが心配なので、朝まで入院して点滴をしてもらうことにした。
この病院は救急(とその他癌などの予約診療)がメインらしく、昼間は開いておらず
朝の5時には閉まってしまうという。5時前に迎えに来ることにしていちど帰宅。

4時前に家を出て、早朝なので30分かからずに病院へ。
8日も祝日でかかりつけ医は休み。不安なので発作時の座薬を1錠処方してもらう。
1泊入院、検査、投薬で31,390円。

帰宅後はベッドで休ませる。ペットボトル湯たんぽを入れてやる。
私は横で見張る。朝までにおしっこ2回。

1月8日祝日。
朝になってダンナが起きたので交代して仮眠。
寝室にあれもこれも持ち込み、一日つききりとなる。人間の食事も仕事もここで。

ベッドで埋まった6畳間に猫トイレから食器から全てがある状態。
大昔の風呂なしアパート時代を思い出しつつ鯨を見守る。

幸い発作はないが足腰が立たない状態。ほとんどなにも食べない。水も飲みたがらず。
呆然としているように見える鯨をなんとか寝かせ、隙あらば水やご飯を口元にもっていき、
起きあがりそうになったらトイレに座らせる、の繰り返しで一日が過ぎる。
横になっていても、持ち上げた頭がときどきフルフルと揺れるのが発作の前触れのようで恐ろしい。

1月9日火曜日。平日。
朝の開院時間を待ちかねてかかりつけ医へ。
腎不全末期の尿毒症による痙攣発作だろうと仄めかされる。
とにかく楽に安静に過ごさせてやることしか出来ないという。
覚悟はしていたけど、ここのところ元気だったし、
お正月に具合が悪くなったのも持ち直したかに見えていたので諦めきれない。

とりあえず皮下輸液2本、前日の夕方を最後におしっこをしていないので利尿剤も注射。
帰宅後すぐにおしっこ。数時間後もう一度おしっこ。
この日は食欲が戻ってきたようで、缶詰を少し食べる。
キドニーケアは悪いのを承知でおかかをかけて。水も飲む。夜は缶詰を半分平らげる。
ところが夜20時を最後におしっこがまた出ない。うまく歩けないのも変わらず。

1月10日水曜日。
かかりつけ医に状況を説明、今日も注射に行ったほうが良いか電話で問い合わせ。
猫ちゃんのストレスになるのが心配だけど、状態が不安なようなら来てくださいと言われ
昼間様子をみて、おしっこが出ないようなら16時からの午後診療に行くことにした。

朝ご飯は缶詰を半分平らげる。キドニーケアも少し。水も飲む。
目に表情が戻ったような気がする。ウロウロしたい気分も出てきたようで
タオルを掛けて寝かせてもすぐ出てきてしまう。

けれど、結局昼間はおしっこが出なかったので夕方病院へ。前日と同じ輸液・注射。
今日は診察中に文句をいう元気が出てきたようだった。

帰宅後、昨日と同じく3時間おきにおしっこ2回。缶詰半分。

しかしその後が悪かった。
2回目のおしっこの後、また虚ろに逆戻りしてしまった。

横になろうとしたとき、左手を顔の横まで上げて震わせている。
このまままた痙攣発作が出るのかと、体中の血の気が引く思いだったが発作は出ず。

氷を入れた冷たい水をダンナが持ってきてくれたので飲ませてみる。
冷たいのは美味しいらしく、フラフラしつつ飲む。

明るい部屋はイヤなようなので、薄暗くした寝室で湯たんぽと毛布で寝かしつける。
今は毛布から出る元気もないようで、おとなしく寝ている。
ぐっすりとは眠れないようで、半目になっていたり、頻繁に目を開けてぼーっとしている。

なんとかもう一度乗り切ってほしいが、覚悟はしておかなければならないだろう。
美味しいものを食べて飲んで、少しでも楽にと祈ることくらいしかできない。

2007/1/5 金曜日

ドーピング

Filed under: ,慢性腎不全,木村 — eriko @ 2:52:34

慢性腎不全の維持治療に打ってもらっている注射は
あのジョンソン選手も使っていたというタンパク同化ステロイド。
年末から木村姐さんも打ってもらってます。

木村姐は最近、原因不明の右後足跛行があるのでもし炎症があったら
タンパク同化ステロイドはまずいよなぁ、と言われつつも、
ここ最近の覇気のなさに背に腹は代えられずで打ってもらう。

結果、跛行はちょっとダメ加減ではあるけど、その他がとんでもなく元気。
ちょっとハイになっていると言っても良いくらいであるので、
ま、オーライ、ということにしておく。

次ページへ »

Powered by WordPress