裏側からの眺めもそそられる

ワインもいける口なんだ。
アルコールにこだわりがないとも言うが。

焼酎がホーム、ワインはビジターというところかな。

最近はホームゲームが多い。
たぶん今夜も…

がっつりと剪った金木犀の気迫

あまりの野放図な様子に、がっつり剪ってやった。
切りすぎたかなと心配もしたが、二ヶ月経ってざんぎり坊主の金木犀の気迫に圧される。

ならば来春、また剪ってやる。

まもなく土用の入りとなる。

薫る乙類

言わずと知れた焼酎「さつま五代」、の黒。
本格の香りが漂う。

安くてうまい、庶民派。

あっという間に飲み干して、困ってしまう。
もっと味わって飲まなきゃ。

気ままな猫のいる店

客が居ようが、構われようが、意に介さない。
悠悠と歩きまわり、寝る。

店もいいが、客もいいのだろう。

そんな猫を見ながら、酒がすすむ。

ここのカレーは辛くてうまい。
蒸かしたジャガイモにかけてあり、これがクセになる。

また行こうと思う。
が、駅まで出るのが面倒くさい。

出不精になったものだ。

木かげで涼む優先席

梅雨の晴れ間にしちゃあ、ちょっと暑い。
陽に当たると汗ばむ。が、日陰に入るとそうでもない。

木かげの涼は年功序列。

僕の番はまだ先かな。
熱中症にならないよう水分を摂りながら日なたを走る朝のランニング。

ちょっと無理したかな、腰を痛めたようだ。
優先席の順番が少し早まったかも…

ムーミンは、住んでない。

散歩のときに発見したアパルトメント。
ムーミンが出て来そうなところだなと思ったら、南仏スタイルらしい。

エントランスにはオリーブの木と赤い窓、緑あふれる中庭には天空テラスなるものもあり、とってもおとぎ話ちっく。
でも、オートロック、モニター付きインターフォン、防犯カメラ、無料Wi-Fi…

しっかりしているセキュリテイに最新設備、ムーミンの居場所はないようだ。