ばあちゃんの手抜き

家事は女性が、
なんておこがましい事は言いませんよ。
我が家の掃除洗濯その他諸々担当主任として割と長いキャリアを持つ私が憧れるのは、
ばあちゃんの技。

か細い手で、曲がった腰で、ばあちゃん達はその作業をそつなくこなしていく。
毎日の鍛錬で磨き上げられた技は、見ていて気持ちがいい。

どこをどうすればあんなに手際良くいくんだろう。

各家庭の勘所もあるだろうが、それはメリハリの利いた手抜きじゃないだろうか。
必要最低限の動きでやり遂げる。

そこはいいんだよ、それには目をつぶる、
そんなことにいつまでかかってるんだい…

私の動きは、そんなお叱りを戴きそうだ。

ま、家事の達人を目指している訳ではないが、
いろいろな場面でのそつのない手抜きという技は身に付けたい。
「ずるく」ではなく「賢く」ね。

もちろん手抜きばかりにならないように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です