貸切り

最初の車が止まるまでの朝の時間。
広い駐車場をふたり締め。

遊んでくれる相手のいない僕は、羨ましい光景を横目に黙々と走る。