手書き

学生の頃、レタリングというものを学んだ。
雲形定規とか自在定規とかそんなものも使って苦労して文字を書いた。
まだパソコンがなかった頃の話だ。

今も習うのだろうか…
パソコンでいくらでもフォントが使える時代に。

この総会のお知らせ、パソコンで作ればほんの10分もかかるまい。
いろいろ言いたいこともあるが、微妙にうまくてなかなかの力作だ。

そのむかし、御茶ノ水あたりの大学の壁に書かれていた文字を思い出す。
手書きの感じに、学生の頃の風景が浮かんだ。
僕らの頃はもう学生運動も下火だったけど。

もし今手書きで書けと言われたら、上手く書く自信もないしその根気もおそらくない。
道具は便利になったけど、その代わりに失くしたものもある。