歳を取るとバーレルはやばい

年に何回かケンタッキーの禁断症状が現れる。
数ヶ月は間が空くことになるので、食べるとなるとかなりの気合が入り、ひとりで4ピースくらいは楽勝だろうなんて妄想にとりつかれる。

そこで調子こいて夫婦でバーレルを購入してしまった。

ベタベタの指を舐めつつ美味しくいただくわけだが、1ピースでお腹は落ち着き2ピース目ですでに闘争心は消えている。
そして当然のようにビールも腹のなかに入っていく。
始めの勢いは何処へやら、過信した胃は悲鳴を上げ始めあとは苦行と化す。

ひとかけひと舐め時間をかけてなんとか食いきった。
おかげでお腹はパンパンで数ヶ月のダイエットも水の泡と消えた。

もう見るのも嫌だとまでは言わないが、当分はケンタッキーに近寄らないだろうなぁ。

バーレルを二人で食うには年齢制限があると知ろう。
次に禁断症状が出た時にはバーレルじゃなく、せめて箱買いにしよう。

びっくりしたのは翌朝体重が1kg減っていたことだ。
世の中には不思議なことがたくさんある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です