休肝日の甘いもの

週に二日の休肝日。
呑兵衛としてはつらい二日間だが、どうにか慣れてきた。
それというのもこの二日は食事のあとに甘いものを食べる。それがだんだん楽しみになってきたからだ。
酒には及ばない楽しみだが、それで納得することにしている。
元来あんこだのケーキだのも好きなタチだ。
左党でもあり甘党でもある。
節操がないとも言えるが、そのおかげで二日の休肝日を乗り越えられる。

そもそもなんのための休肝日なのか。
肝臓への負担を軽くするためというお題目なのだけど、
二日間の休肝日でどれほどの効果があるのかはわからない。
飲み続けるよりはいいんじゃないか、くらいのもの。

ただその日に甘いものを食べるというのはどんなもんだろう、という気もする。
過剰ではないにしろ、糖分摂取は脂肪肝も気になってくる。

あちらを立てればこちらが立たずみたいな。

深く考えると気が滅入る。

週に二日の禁酒という苦行に耐える、そのことは体にいいと信じている。
鰯の頭も信心から、である。

当分は週に二日の休肝日を続けよう。
とりあえずは、イワシのアタマである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です