歳を取るとバーレルはやばい

年に何回かケンタッキーの禁断症状が現れる。
数ヶ月は間が空くことになるので、食べるとなるとかなりの気合が入り、ひとりで4ピースくらいは楽勝だろうなんて妄想にとりつかれる。

そこで調子こいて夫婦でバーレルを購入してしまった。

ベタベタの指を舐めつつ美味しくいただくわけだが、1ピースでお腹は落ち着き2ピース目ですでに闘争心は消えている。
そして当然のようにビールも腹のなかに入っていく。
始めの勢いは何処へやら、過信した胃は悲鳴を上げ始めあとは苦行と化す。

ひとかけひと舐め時間をかけてなんとか食いきった。
おかげでお腹はパンパンで数ヶ月のダイエットも水の泡と消えた。

もう見るのも嫌だとまでは言わないが、当分はケンタッキーに近寄らないだろうなぁ。

バーレルを二人で食うには年齢制限があると知ろう。
次に禁断症状が出た時にはバーレルじゃなく、せめて箱買いにしよう。

びっくりしたのは翌朝体重が1kg減っていたことだ。
世の中には不思議なことがたくさんある。

銭湯のそびえ立つ煙突

月曜日、久しぶりに銭湯に行くことになった。
都内の銭湯は月曜日お休みらしい。
知らなかったから、煙突を恨めしげに見上げただけで引き返す。
入浴料は470円だそうだ。
よく通ってた頃は確か180円くらいだったかな。

ほんの少し足を伸ばして埼玉の銭湯に行った。
こちらはマンションの1階にあり煙突は見当たらなかった。

大きなお風呂に入るのは気持ちいい。
ジェット風呂で背中や足をマッサージもしてくれる。
風呂上がりに大きな扇風機に当たって涼む。
フルーツ牛乳が飲みたくなった。

利用した銭湯は430円で入れた。
なんか得した気分だ。

ガソリン代のことは考えないことにする。

台風銀座で育ったが、ちょっとビビった。

ゴー、ピュー…
夜中に目が覚めた。

こんな暴風雨は久しぶり。
台風銀座育ちとはいうものの、そこを離れてだいぶ時間が経っている。
すでに東京暮らしの方がずっと長い。

幼い頃のあの少し心細いような、反面ワクワクするような感覚を思い出した。
あの頃はよく停電した。
カンテラに仏壇から持ってきたロウソクを灯して、握り飯を食った。

そんな断片的な記憶を思い出しながら、ひと夜を過ごした。

が、今回はワクワクしなかったなぁ。

まだ半分寝てるな… ケガすんなよ。

かったるさ満載の歩き方。
気合を入れて頑張ってこい!

学生の頃、日曜の午前中は部活だったなぁ。
僕もこんな歩き方の日もあったんだろう。
よく飽きもせずやってたもんだ、感心するよ。

近場の小さなジブリの世界

公園のゆるい坂道。
ここだけ苔むした感がある。

よくよく観察すると小さな物語がたくさんありそう。

歩いた方が想像力は鍛えられるっぽい。
だけど、今はコケないように走るので精一杯。

急いでどこに向かってんだろ…

鶏のトサカは食えるんだろうか

ケイトウの花穂を見て、ちょっと思い立つ。
ま、食べたいとか美味しそうとかは思わないんだけど。

それが、なんとうまいらしい。
見た目がちょっとアレらしいけど…

ふーん、なんでも食えるもんだな。